メインコンテンツへスキップ
ATDO

特定非営利活動法人 支援技術開発機構

ユニバーサルデザインと支援技術で実現する知識と情報の共有

当サイト内を検索できます。
お問い合わせ
Facebook

事業概要


ATDOは、本機構の目的である「障害者や高齢者の生活の向上に資する支援機器開発、サポート・研修、OJTトレーナー養成・派遣を行うとともに、電子情報分野において、すべての人々にとって使いやすく、わかりやすいユニバーサルデザインの推進およびアクセシビリティに関する評価・助言を行うため」(定款)の事業を推進しております。具体的には、そのための研究開発と普及活動、および受託事業、その他の活動に分けられます。

先頭に戻る

研究開発


情報コミュニケーション分野のユニバーサルデザインを推進するために各種標準化およびアクセシビリティに関する研究開発をしています。

先頭に戻る

EPUBの国際化




日本DAISYコンソーシアム(JDC)は、
世界約50ヶ国の団体・企業・個人で構成される国際非営利団体・DAISYコンソーシアムの正会員であり、
ATDOは、日本DAISYコンソーシアムの正会員として事務局の運営を行っております。
またATDOは、事務局としての活動を通して積極的にEPUB3の国際標準化に尽力し、さらに開発に協力しております。

先頭に戻る

IFLA(International Federation of Library Associations and Institutions)の活動


IFLA(国際図書館連盟)は、図書館・情報サービスおよび利用者の利益を代表する国際的な機関です。IFLAを通じてすべての人の情報アクセスを保障する図書館の役割を促進しています。具体的に、IFLAの次のセクションで積極的に活動しています。

LPD (Libraries Serving Persons with Print Disabilities Section) 

日本語訳は、「印刷物を読むことに障害がある人々のための図書館分科会」です。この分科会では、視覚障害者と他の理由で印刷物を読むことに障害がある人々を対象とした図書館サービスに取り組んでいます。また、この分野の国内的・国際的協力の促進、研究開発の奨励、情報へのアクセスの改善に協力しています。

LSN (Library Services to People with Special Needs) 

日本語訳は、「特別なニーズのある人々に対する図書館サービス分科会」です。この分科会では、何らかの理由で従来の図書館サービスを利用できない人々への図書館及び情報サービスに携わっています。入院患者、服役中の人たち、老人施設に入所している高齢者、在宅患者、聴覚障害者、身体及び発達障害者、そしてホームレスや難民も含めていて、各対象にしたガイドラインを作成しています。それらのガイドラインの国内の普及に薦めています。

Asia Oceania Regional Division Committee

2021年より新しく設立されたアジアオセアニア地域分科会で、今後アジアおよびオセアニア地域における特別なニーズのある人々を含めた図書館サービスの推進に協力していきます。

先頭に戻る

EPUBアクセシビリティに関する研究開発


EPUBアクセシビリティは2021年にISOの規格となりました(ISO/23761:2021)。このアクセシビリティに関するISO規格はDAISYコンソーシアムが中心となって原案を作成し、日本が国際規格提案をしました。

JDC技術委員会

JDC技術委員会は、DAISYおよびEPUB等の国際規格の仕様に係る提案をするにあたり、日本における当該国際規格の利用者からの要望を合理性やアクセシビリティの観点等を踏まえて、十分に議論し、有効な提案をするために活動しております。幣機構(団体)では、JDCの事務局としてこの委員会をサポートしています。

EPUBアクセシビリティのJIS化

EPUBアクセシビリティのJIS化に向け、JIS X 23761(EPUBアクセシビリティ - EPUB出版物の適合性と発見性の要件)の原案作成委員会が発足し、JDC技術委員会のメンバーが委員となって作成します。

先頭に戻る

DAISYコンソーシアムとの研究協力


DAISYコンソーシアムと連携して研究開発を進めています。

マルチプルディストリビューションプロジェクト(multiple distribution project)

DAISY/EPUBをソースとして、アクセシブルな動画に自動変換して広く配布する途を探るパイロットプロジェクトを進めています。

先頭に戻る

浦河プロジェクト


精神障害に伴う様々な情報支援ニーズを特定し支援技術に反映させることを目的に、ATDOが、浦河べてるの家、浦河町、同町内自治会および国際DAISYコンソーシアムと共同して進めているDAISYを更に発展させる研究開発プロジェクトを進めています。

先頭に戻る

普及活動


研究開発で得た成果を生かして、情報アクセス支援技術の普及とユニバーサルデザインの推進するための普及活動をしています。

先頭に戻る

国内・地域連携


調布市周辺、北海道浦河町等におけるDAISYの普及活動を進めています。

調布市での支援活動

先頭に戻る

DAISY教科書


国内では、教科書ネットワークとの連携による、LD障害児等へのDAISY教科書提供しており、その経験を活かして国際的に普及活動をするための研究開発をしております。

先頭に戻る

国際開発協力


ATDOの国際開発協力として以下の活動を行っています。

エジプト事業

「エジプト国情報アクセシビリティの改善による障害者の社会参画プロジエクト」をJICAからの委託事業として行っています。具体的には、マルチメディアDAISY製作トレーニング、利用者ワークショップ、および啓発フォーラムを実施しています。

エジプト事業の風景


エジプトでのDAISYプロジェクト

2019年3月7日より、JICAの「情報アクセシビリティの改善による障害者の社会参画促進プロジェクト」が、エジプト現地カウンターパートの情報通信省、国立図書館、アレキサンドリア図書館と協力し始まりました。本邦研修、DAISYの製作講習会、セミナー等が予定されています。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/outline/index.html


エジプト国「第1回マルチメディアDAISY図書製作指導者養成講習」実施

2019年7月7日から11日にかけて、プロジェクトのカウンターパート機関から6名が参加した、第1回マルチメディアDAISY図書製作指導者養成の集中講習を実施しました。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/news/20190807.html


エジプト国「第2回マルチメディアDAISY図書製作指導者養成講習」実施

2019年11月3日から7日にかけて、プロジェクトのカウンターパート機関から12名が参加した、第2回マルチメディアDAISY図書製作指導者養成の集中講習を実施しました。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/news/20191120.html


エジプトでのDAISY体験会

2019年7月から10月にかけて、アレキサンドリア図書館で、障害のある子どもたちを対象とするDAISY体験会を開催しました。体験会では、これまでのDAISY図書製作研修修了者が製作したDAISY図書を使いました。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/news/20191203.html


エジプトでのDAISY啓発ワークショップ

2019年12月8日に、エジプトのアレキサンドリアにある、Village of Hopeという障害者支援のNGOで、DAISY啓発ワークショップを開催しました。日本人専門2名も渡航し、体験談の発表、DAISY図書の体験、意見交換等をすることができました。

詳細内容:https://www.facebook.com/148131545387293/posts/1213649512168819/?app=fbl (アラビア語)


エジプトでのマルチメディアDAISY体験会

2019年7月から10月にかけてに開催したDAISY体験会では、ディスレクシア当事者であり、弊機構インターン生も参加し、自身の体験を話してくれました。(JICA教育ナレッジマネジメントネットワーク ニュースレター 第27号)

詳細内容:https://www.jica.go.jp/activities/issues/education/newsletter.html


JICAエジプト事業進捗報告

2020年7月19日から16日にかけて、プロジェクトのカウンターパート機関等から6名が参加した、第3回DAISY図書製作指導者研修の集中講習(第1バッチ)を実施しました。今回は、完全な遠隔操作で実施しました。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/news/20200729.html


エジプト国JICA技術協力プロジェクト/プロジェクト紹介ページのご案内

ATDOが2019年から従事し実施してきた、現地視察、マルチメディアDAISY図書製作指導者養成講習、国際図書館連盟(IFLA)サテライトミーティング、子どもたちのDAISY体験会、啓発イベント、リモートでのDAISY図書製作指導講習等のプロジェクト活動についての記事が掲載されています。

詳細内容:https://www.jica.go.jp/project/egypt/009/news/index.html


エクアドル事業

JICAからの委託を受けて、エクアドル国・情報弱者のテレビ放送へのアクセスを保障する安心・安全のための放送・通信インフラ普及・実証事業をアステム社と実施しています。

エクアドル事業の風景


JICAエクアドル事業進捗状況

2021年1月より、JICAの「情報弱者のテレビ放送へのアクセスを保障する安心安全のための放送・通信インフラ普及・実証事業」に外部人材として参加し、エクアドルにて動画への字幕付与等を行う団体NAC(※)の立ち上げ、活動支援を実施しています。NACは先月エクアドル政府からの要請を受け、当国のコロナウイルス対策の第一歩としてのワクチンキャンペーンのスタートに合わせて、各公告への字幕付与無償サービスを実施しました。

※NAC(National Accessibility Support Center):エクアドル事業の中核的な役割を担い、エクアドルにて動画への字幕付与等を行う団体のこと

詳細内容:https://www.atdo.jp/860(ニュース)


【エクアドル事業】演劇への無償字幕付与サービスを提供開始

2021年1月より、エクアドルの財団法人「Make it Accessible」が実施しているオンライン劇場に、NACの字幕付与サービスを無償提供することになりました。中南米の12ヶ国にて配信予定です。

詳細内容:https://www.atdo.jp/861(ニュース)


ダスキン研修

「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」に協力し、研修生の受け入れも引き受けています。

先頭に戻る

マラケシュ条約


2013年にWIPO(世界知的所有権機関)の加盟国により採択された、「盲人,視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約(マラケシュ条約)」について日本は、2019年に批准。ATDOは、AE業務の実施のため、全視情協およびサピエ会員としてABC事務局との事前調整をしています。

先頭に戻る

受託事業


主な取引実績

厚生労働省、国際協力機構、国際リハビリテーション協会(RI)、日本国際協力システム、日本財団、日本障害者リハビリテーション協会、北京市紅丹丹視障文化サービス、Malteser International等他多数

コンサルティング

国内外の第一線で活躍する専門家による情報アクセシビリティおよびDAISYに関する専門的なコンサルティング

技術サポート

DAISY製作や再生等に関わる技術的なサポートを行います。

情報アクセシビリティ関係講演

最新の情報に基づくDAISY概説および各論

DAISY製作講習会

DAISY図書再生・活用(半日程度)、DAISY図書製作(1日程度~)、DAISY図書製作インストラクター養成料金(10日程度)

DAISY製作

資料や教材等のDAISY製作も行っております。内容、長さ、音声の種類等によって、費用は異なります。
下記リンクのアンケートにお答えいただくか、info@atdo.jp にお問い合わせくだされば、見積もりいたします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeFE60MF8_wdD942A5jXliIB-Gg-N-WYA_cxPHI8fwAME3dvQ/viewform?usp=sf_link

先頭に戻る

ソフトウェアの日本語対応


DAISY/EPUBの製作ソフトウェアや、アクセシブルな再生ソフトの日本語化を行い、普及活動をしています。

WordToEPUB

見出し等をつけたWord文書を、EPUBに変換するソフトウェアです。無償でDAISYコンソーシアムから提供されています。ATDOは日本語対応の協力をしています。

Dolphin EasyReader

DAISY/EPUBの再生ソフトウェアです。ディスレクシア等のニーズにも対応しており、色や文字サイズの詳細な設定等ができます。ATDOは日本語対応の協力をして、国内での販売をしています。
ソフトウェアの詳細と販売に関してはこちら

Dolphin Publisher

テキスト・音声・画像の入った、マルチメディアDAISY/EPUBの製作ソフトソフトウェアです。2006年頃、日本ではマルチメディアDAISYの製作ソフトウェアが他になかったため、日本語対応の協力をして、国内での販売を開始し、現在も日本での活用の支援を継続しています。
ソフトウェアの詳細と販売に関してはこちら

先頭に戻る

事業報告


ATDOでは、非営利活動の一環として、収益事業と非収益事業を実施しております。

支援技術の必要な方のための開発、研究、サポート等の非収益事業とともに、それを支え、また、それ自体としても支援技術が必要な方のために意義のある収益活動を行っています。

どのような形でお役に立てるか、まずはお問い合わせください。

過年度分の貸借対照表につきましては、内閣府NPO法人ポータルサイトにて公開しております。


2020年度事業 2020年10月1日ー2021年9月30日

1.電子情報通信技術を応用した障害者・高齢者を対象とする支援機器の開発研究
デイジー教科書の有効性に関する実証研究(2020年10月~2021年9月)

2.電子情報通信技術を応用した障害者・高齢者を対象とする支援機器の導入サポート・研修及びOJTトレーナー養成・派遣
情報アクセス支援ソフト販売(2020年10月~2021年9月)
エジプト国情報アクセシビリティの改善による障害者の社会参画促進プロジェクト(2020年10月~2021年9月)
3.電子情報通信技術を応用した障害者・高齢者を対象とする情報支援サービスの研究開発および実証評価
エクアドル国・情報弱者のテレビ放送へのアクセスを保障する安心安全のための放送・通信インフラ普及・実証事業(2020年10月~2021年9月)
DAISY製作(2020年10月~2020年9月)
マラケシュ条約の普及および国際交換の推進(2020年10月~2021年9月)
地域連携(2020年10月~2021年9月)
浦河プロジェクト:精神障害分野でのDAISYによる支援ニーズの確認と「しごと」につながるパイロットプロジェクトの創出(2020年10月~2021年9月)

4.電子情報分野のユニバーサルデザインを推進するための各種標準化活動及びアクセシビリティに関する研究開発および評価・助言
コンサルティング(2020年10月~2021年9月)

各種標準化活動(2020年10月~2021年9月)
日本デイジーコンソーシアム事務局(2020年10月~2021年9月)
国際図書館連盟(IFLA)を通じたユニバーサルリテラシー普及活動(2020年10月~2021年9月)


過年度事業報告

2019年度事業 2019年10月1日―2020年9月30日

2018年度事業 2018年10月1日―2019年9月30日

平成29年度事業 平成29年10月1日―30年9月30日

平成28年度事業 平成28年10月1日―29年9月30日

平成27-2年度事業 平成27年10月1日―28年9月30日

平成27年度事業 平成26年10月1日―27年9月30日

平成26年度事業 平成25年10月1日―26年9月30日

平成25年度事業 平成24年10月1日―25年9月30日

平成24年度事業 平成23年10月1日―24年9月30日

平成23年度事業 平成22年10月1日―23年9月30日

平成22年度事業 平成21年10月1日―22年9月30日

平成21年度事業 平成20年10月1日―21年9月30日

平成20年度事業 平成19年10月1日―20年9月30日

平成19年度事業 平成18年10月1日―19年9月30日

先頭に戻る

Copyright © 2022 ATDO
お問い合わせ